意外と偉大な「フッ素」

2015年10月03日

一日の気温差が激しい毎日ですが
皆さん体調を崩したりしてないですか?

おいしい物もたくさん出てくるこの時期、楽しくお食事したいですね。
今回は、むし歯予防「フッ素」について。

むし歯予防として注目されているフッ素ですが、具体的にはどんな働きをしているか
ご存じでしょうか?

1. 唾液中に含まれるミネラルの沈着を促進し、再石灰化を助ける
2. 歯の質を強化し、酸から歯を溶けにくくする
3. 酸の生成を抑える

・子どもへの効果
「生えたての乳歯」や「生えたての永久歯」は、歯の質が弱く虫歯になりやすいため、フッ素を塗ると予防効果を大きく期待できるとされています。
・成人への効果
歯周病や部分入れ歯の使用によって、顎の骨や歯茎が痩せて(吸収して)しまい、普段なら歯茎で覆われているはずの歯の内部のセメント質や象牙質が露出してくることがあります。セメント質や象牙質はエナメル質(歯茎から上の歯の表面部分)よりも弱く虫歯になりやすいため、歯ぐきが露出してしまった場合には、フッ素を塗ることで虫歯のリスクを下げることに役立つとされています。

医療機関で使用する高濃度のフッ素は、歯質の強化を特に期待することができます。一方で、薬局やスーパーなどで販売されているフッ素配合の歯磨き剤などに含まれる低濃度のフッ素は、使い続けることで再石灰化の促進や酸を作る力を抑えることを期待することができます。これらを併せて行うことで、虫歯予防の効果がより高まります。

が、しかし!!!
フッ素を塗っても、歯磨きがきちんとできていない場合や、食事をダラダラと食べ続ける習慣がある場合には虫歯になる可能性がありますので注意しましょう。食事やおやつの取り方と適切なブラッシングをきちんと行い続けることにより、はじめて虫歯予防に繋がります。
きちんと歯磨きをしたうえでフッ素を塗布することが大切ですね。

以上のように意外と重要な役割を果たしていたのです!
フッ素は年3~4回塗布すると20~40%むし歯の予防効果があるといわれていますので、
定期的にフッ素を塗ってむし歯を無くし、美味しい秋の味覚を堪能しましょう!!