洗口液の効果

2016年09月02日

皆さんこんにちは!
あっという間に9月に入ってしまいましたね…
台風のせいなのか、梅雨時期よりも雨の日が多い気がしますが(^_^;)

さて今日は、何かと患者さんから質問の多い「洗口液」についてお話していこうと思います。
今ドラッグストアではいろんな種類の洗口液が発売されていますよね。
辛いものからマイルドなものまで、色もさまざまです。
CMなどの宣伝でも、
「歯垢の沈着、歯肉炎、口臭の予防」を強調しているように感じますが、
ここで気を付けていただきたいのが、

洗口液は歯磨きの代わりにはならない

ということです。
あくまで洗口液はお口の中のすっきり感を味わうためのもので、
それによるむし歯、歯肉炎の予防はそこまで期待できるものではありません。

というのは、現在日本で、洗口液にフッ素を入れてはいけないと決められているのが理由のひとつです。
むし歯の予防としてフッ素は重要ですから、それが入っていないとなるとむし歯予防は望めません。
また、薬用成分の濃度が日本製では低いので、今のままでは歯周病等の予防効果は期待できないとされています。

まずは歯磨きを丁寧に行うこと、きちんと汚れを落としたうえで洗口液による爽快感を得るために使用することをお勧めします。