歯間ブラシとフロスで目指せ8020!!

2017年08月03日

皆さんこんにちは!梅雨が明けたのにパッとしない天気が続いてますね…
学生の皆さんは夏休み、楽しんでますか?

さて、今日の題にあります「8020」
「8020運動(ハチ マル ニー マル 運動)」というのが正式ですが。
「8020運動」とは、「80歳で20本歯を残す」ことを目標にしましょう!という運動です。

ヒトの歯は親知らずを抜かすと28本あり、20本以上歯があれば食生活にほぼ満足出来ると言われています。

歯を残すために最も重要なことは、
「歯についた汚れ(歯垢)を落とす」ことです。
白い汚れ=歯垢(プラーク)は細菌の巣です。細菌が毒素を出し、むし歯や歯周病になります。
それらを取り除くことでむし歯や歯周病を予防できるのです。

歯ブラシはほとんどの方が毎日使っていらっしゃると思います。
ですが、歯ブラシだけだと歯垢除去率は60%ほどしか無いと言われています。
残りの汚れはどこについているのか・・・それは歯と歯の間なのです!
歯と歯の間は歯ブラシやデンタルフロスで落とします。
歯ブラシと併用することで、歯垢除去率は葯90%にまで上がります。

最初は面倒だったり、使い方が難しいかもしれません。でも慣れてくるとやみつきになっちゃいますよ(^^)v
もちろんお子様にもフロスを通してあげてくださいね。

歯間ブラシにはサイズが様々あります。フロスも種類がありますので、
使い方も含め、歯科医院で聞いてぜひ使ってみてください。

現在20本より残存歯が少ない方も、今は様々な方法で快適にお食事ができるようになってきています。
定期的にメインテナンスを行ってお口の健康を維持向上していきましょう。