虫歯治療

虫歯菌

歯は再び生えてくることはありません

 

あとで後悔しない虫歯治療のために、
まずはこのことにお互い向き合って、一緒に考えていきましょう。

  • ・痛くない
  • ・怖くない
  • ・きちんと説明
  • ・できるだけ削らない
  • ・できるだけ抜かない

 

痛くない歯医者さんとは

 

現在では器械や技術の進歩によって、皆さんが抱くイメージ「怖い」や「痛い」がなくなりつつあります。

最新の機器の導入はもちろんですが、痛くない歯医者さんを目指すにあたって、4つの重要な点があるのです。

  • ①表面麻酔

麻酔の注射をすれば痛みを感じないのは皆さんご存知かと思います。

その麻酔の注射が怖い、その麻酔注射が痛い、それでは意味がありません。

注射を打つ時も痛みがないために、麻酔のための麻酔液を塗ることで、注射時の痛みを最小限にすることができるのです。

  • ②感覚が鈍いところに

お口の中には、痛みを感じやすいところがあるように、痛みを感じにくいところがあります。

経験豊富な歯科医師が、痛くない部分を狙って針を打つのです。

  •  ③極細の針の活用

一般的に使用されている針よりも、細い針を使用します。

針が細いことで痛みは少なくできるのです。

  • ④ゆっくりと麻酔液を注入

麻酔液を注入するときは、ゆっくりと流し込みます。

細胞が膨張して、痛みの原因にもなりますので、ゆっくりと時間をかけて麻酔液を注入します。
496e94fb1ab88fa73c8d8c3d2586820b_s

できるだけ削らない

 

虫歯になったら歯医者さんで、歯を削って、銀の詰め物をして・・というのは当たり前の話ですね。

詰め物をして、「それでは今日で治療を終わります」と言われてホッとする方も多いと思います。

完治した、以前よりも丈夫になった気がしますよね。

しかし、詰め物やかぶせ物の間には目に見えない隙間ができてしまうのです。

そこから虫歯菌が侵入して虫歯になってしまうこともあります。

そして以前よりももっと大きく削ることになります。

ついには歯を抜くことになりかねません。入れ歯やブリッジ、インプラントの選択を余儀なくされていきます。

このようなことをできる限り未然に、早い段階で診察いただければ、早期発見早期治療に繋がりますし、早めの対策をとることが可能です。

可能な限り歯を削らずに治療をしていくことが可能です。

二人三脚で一緒に、取り組んでいきましょう。

 

できるだけ抜かない

 

できるだけ歯を残していきましょう。決して抜かないということではありません。

抜いた方が患者様のお口の健康を守れる場合もあります。

「1本や2本なくても大丈夫!まだ何十本もあるから!」

ちょっと待って下さい。ご自身の、天然の歯に勝るものはありません。

最近では噛むことでストレスの増減、噛むことがダイエットに効果的、噛むことが脳を活性化、様ざまなことが言われています。

可能な限り、二度と生えてこない永久歯を抜かない、残す、という理念をもって治療にあたっています。

 

虫歯の進行状況について

 

虫歯は突然やってくるものではありません。

長い年月をかけて徐々に、進行していきます。

以下、虫歯の進行状況に対しての参考治療イメージです。

虫歯進行C1

 
 
 
 

C1 エナメル質が溶けて歯に小さな穴が開いた状態

虫歯の初期症状である、C1になると治療が必要になります。

虫歯の部分を削って詰め物をする治療になります。目安となる通院回数は1回程度です。

 

 

 

 

虫歯進行C2

 

 

 

C2 虫歯の穴が象牙質にまで届いている状態

歯がしみるなどのシグナルが出始める状態をC2といいます。

この状態であれば、まだ歯を削ることも少なくて済みます。

目安となる通院回数は、1~2回程度です。

 

 

 

虫歯進行C3

 

 

 

C3 虫歯が神経まで到達している状態

上記のC2よりも、痛み、しみるなどの自覚症状は強くなります。虫歯が神経にまで達しているので、神経をとる治療が必要です。その治療後、クラウンと呼ばれるかぶせ物をすることになります。

神経をとる治療、つまり歯の根っこの治療は、長い治療期間を要します。目安となる通院回数は、5~6回以上になります。

 

 

虫歯進行C4

 

 

 

C4 歯の根っこしか残っていない状態

この状態を残根といいます。残念ながらこの歯は基本的に残すことはできませんが、周囲の骨や歯の根っこの状況次第では、まだ歯を残す治療も可能な場合もあります。

目安となる通院回数は、7~8回程度になります。

 

 

根っこの治療について

虫歯の治療で歯医者に通ったことがある方は多いと思います。すぐに治療が終わった時と、何回も通院した場合とどこが違うのでしょうか。よく聞かれる質問です。

根っこの治療は、上記のC3からの治療になります。神経が虫歯に侵されてしまったので、神経を取る必要があります。しかし、歯の神経には1本のものもあれば3本もものもあります。さらに神経が中で枝分かれしているものもあれば、曲がっているものもあるのです。構造が複雑であればあるほど処置が難しくなり、治療期間も長くなります。

根管治療

 

神経を取った後は、神経が入っていた神経の通り道を薬剤で清掃、消毒をします。そして薬剤を詰めて殺菌、病巣の治療を行って、そこに仮のフタをして経過観察をします。

ここで、「どうして経過観察が必要なのか」「早く治療を終わらせて欲しい」との声が聞かれます。

細菌を完全に駆除したと思っても、ほんのわずかな細菌が残ってると、少し経つと分裂を繰り返して増殖してしまうのです。ですので、細菌が完全にいなくなったかどうか経過観察をする必要があります。治療後に菌が増殖してしまって再治療となった場合は、更に時間と根気がいる治療が必要になりますので、ここできちんと細菌が増殖しない事を確認しなければならないのです。経過観察中に細菌の増殖が確認できたら、その細菌を取り除き、消毒して、薬を詰める治療を繰り返す事になります。

細菌の増殖が観察されなくなったら、土台(コア)を造って、その上にかぶせ物を装着して、治療が完了となります。

このように、C3以降の治療は時間のかかる治療となるので、こうならないようためにも日頃のケアや予防が大事です。虫歯の早期発見、早期治療のためにも、少しでも違和感を感じたらお早めに来院してご相談下さい。