小児歯科

小児歯科

お子様との向き合い方

当院のお子様への治療に対する基本理念は、「無理強いをしない」といことです。

お子様には、歯医者さんを嫌いになって頂きたくない、という実際に小さな子供がいる院長からの願いからきています。

 

「歯医者を嫌いになる=歯医者に行きたくなくなる」という事です。

小さい頃はお父さん・お母さんがいるので、お子さんも来院してくれますが、

親御さんの手を離れてしまったら、あとは歯科医院に来院するかしないかは、本人の意思次第です。

 

日頃の歯みがきだけでは、虫歯や歯周病は完全には予防できません。どんなに丁寧にそして毎日歯磨きをしていたとしても、どうしても磨き残しから、歯垢や歯石が蓄積されて、虫歯や歯周病の原因となります。

これらの汚れは、定期的に歯科医院にて特殊な器具を使って除去する必要があるのです。

 

つまり、定期的に歯科医院にてこれらの汚れを除去する習慣がないと、早期にご自身の歯を失ってしまう可能性があるということを意味します。

このような残念な結果にならないためにも、いかにしてお子さんの恐怖心、歯科医院に対するマイナスイメージを減らすために、様ざまな工夫をしています。

虫歯は大人から感染する

虫歯は、風邪やインフルエンザのように人からうつる「感染症」だということをご存知でしょうか。生まれたばかりの赤ちゃんには虫歯の原因となる菌がいませんので、虫歯にはなりません。多くの場合、生後1歳7ヵ月から2歳7ヵ月の間に周囲の大人からのうつると言われています。

虫歯の原因となる菌への感染時期を遅らせることで、将来、虫歯の本数が少なくなるというデータもあります。
また24歳を過ぎると、新たにできる虫歯の本数は限りなく「0」に近くなるという統計もあるのです。

つまり、お子様への虫歯菌の感染を予防し、大人になるまで健康な歯を維持することができれば、一生、虫歯のない歯でいられる可能性が高くすることが不可能ではないのです。

感染症である以上対策は難しいですが、正しい知識で子供を虫歯から守ってあげることが、お子様の将来を考えるととても大切であると考えています。

歯ブラシ

歯磨き指導・シーラント・フッ素塗布

歯科医院を受診されることで、次の方法で子供の歯を守ることができます。

 

TBI(歯磨き指導)

子供が歯磨き好きになるように指導します。

 

虫歯が多発する部位は、

(Ⅰ)歯と歯の間

(Ⅱ)歯と歯肉の境目

(Ⅲ)歯の溝です。

 

TBI(歯磨き指導)では、(Ⅰ)と(Ⅱ)から発生する虫歯を防ぐために効果的なブラッシング法を楽しみながら指導していきます。

 

シーラント

上記(Ⅲ)の歯の溝は複雑で、ブラッシングだけでは虫歯の予防が不可能な部位です。

生え替わったばかりの奥歯の永久歯は大人と比べて溝が深く、そこに食べカスなどがはさまって虫歯になることがよくあります。
シーラントは奥歯の溝をプラスチックで埋める虫歯予防法です。乳歯から永久歯に生え替わったタイミングで治療すると効果的です。なお、使用するのは虫歯治療の際に詰め物として使う「レジン」という素材なので安全です。

歯磨き

フッ素塗布

「フッ素」とは、歯の表面にあるエナメル質を強化する性質を持った物質です。

乳歯や生え替わったばかりの永久歯は非常に弱いのですが、フッ素塗布によって大人の歯と同等の強度にすることができます。虫歯菌に負けない強い歯を作りましょう!