歯周病治療

歯周病

怖い感染症、歯周病

歯が失われる原因の第一位は、「歯周病」です。皆さんは、虫歯による抜歯などで歯を失われるもの、考えていらっしゃるようです。

30代の80%以上は歯槽膿漏、つまり歯周病であり、日本人が歯を失う原因としては、虫歯よりも歯周病で歯を失う方のほうが多いのです。

歯槽膿漏とは歯周病のことで、歯周病とは歯を支えている顎の骨が溶けてしまう怖い病気です。基本的には、一度溶けてしまった骨は再生しません。さらに、歯周病にかかってしまうと、自分では気づかないうちに、強烈な口臭がするようになり周囲の人に迷惑をかけることもあるのです。

こういった症状にならないためにも、歯周病に関する正しい知識を身につけ、早期に治療することが大事であると考えています。

 

歯周病と全身疾患

歯周病は糖尿病と深い関連があります。
糖尿病の人は感染に対する抵抗力が弱まっているので歯周病にかかりやすく、重症化しやすいと言われています。さらに、歯周病菌は毒素や炎症性物質を大量に放出するのですが、これがインスリンの効果を悪化させ、糖尿病を悪化させることも危険視されています。
つまり、糖尿病があると歯周病になりやすく、歯周病があると糖尿病が悪化しやすいという関係性があると言われています。

また妊娠中の歯周病の悪化は、お腹の赤ちゃんに影響を及ぼす事もあります。
低体重児を出産した母親と、正常体重児を出産した母親の歯周病の進行程度を比較した調査では、低体重児を出産した母親の方が歯周病が進行していたというデータがあります。また、妊娠中の歯周病をそのままにしておくと、早産の確率が高まることも指摘されています。妊娠中でも歯周病の治療は可能ですので、4~8カ月の安定期に治療を受けることをお勧めします。

エイズに関しては、歯周病菌の作り出す物質がエイズウィルスを再活性化することが証明されており、エイズの発症・進展に関連する可能性が示唆されています。

そして、ここ最近では、歯周病と「癌」との関連性が指摘されています。
歯周病患者は、口腔癌、咽頭癌、喉頭癌、食道癌などの発生リスクが高いというデータが発表されています。また、腎癌、膵癌なども歯周病と関連している事も報告されているのです。

このように、歯周病はただ単に歯を失う病気というだけではなく、全身疾患にも関連してくる恐ろしい病気なのです。

sc前

歯肉炎と歯周炎

歯肉炎

歯肉(歯ぐき)にのみ炎症が起きるという、歯周病の初期段階です。
健康な歯肉はうすいピンク色で引き締まっています。
歯肉炎になると歯肉が赤く腫れ、歯磨きをした時に出血したりします。
原因は歯垢で、歯垢の中には歯周病菌がたくさんいて、その細菌が有害物質を出し、歯肉炎が起こります。

歯周炎

歯肉炎が進行したものです。
歯を支えている骨が吸収され、歯がグラグラしてきます。
最終的には歯を支えきれなくなり、歯が抜け落ちてしまいます。
当然のことですが、歯を抜いてしまうと、もう自分の歯は二度と生えてきません。

 

sc後

歯周病を予防するには

歯周病は感染症であり、感染症である以上、物理的な清掃(歯磨き)だけで感染予防をすることはできません。

さらに、歯周病菌はバイオフィルムと呼ばれる強力なバリアで守られていますので、歯磨きだけでは、そのバリアを除去することが難しいのです。
さらに、歯の表面に付着していた歯垢が、唾液中のカルシウムを吸着することによって歯石というものになります。
歯石そのものは何も悪さをしないのですが、歯石が歯肉の溝(歯と歯肉の間には溝があり、歯肉の炎症が進行するほど溝が深くなります)にも付くことで、歯肉に対する刺激(歯肉の溝を押し広げようとする刺激)を与えます。
また歯石には歯垢が極めて付着しやすく、新たに歯石に付着した歯垢の中にいる細菌(歯周病菌)の働きにより、歯肉の炎症をさらに進行させていくことになります。

歯石になると、もう歯磨きでは取り除くことが出来ません。
ですので、いくら歯磨きを毎日しっかりしたとしても歯周病予防にはならないのです。ではどうすればいいのか?

答えは、定期的に歯科医院の専門器具を使うことで歯垢・歯石・バイオフィルムを除去してもらうことです。

アメリカでは、歯周病治療を終了した患者さんを10年間にわたって追跡調査したところ、治療終了後に定期的に歯科医院にて歯垢・歯石・バイオフィルムを除去することを続けた人は、そうでない人と比べて歯を失う本数は4分の1で済んだ、というデータもあります。

ですので当院では、3ヶ月から6ヶ月に1度の定期的なメンテナンスをオススメしています。

早期の来院が必要です

歯周病の症状

歯周病の怖いところは、サイレントキラー(静かな殺し屋)と呼ばれるガンや脳卒中と同じように、痛みがないので、自覚症状のないうちに病気が進行し、気付いたときにはもう手遅れになってしまっているということです。

歯周病にかかった患者様は、「グラつきだした歯を治したい」「以前と同じように物が噛めるようになりたい」と、当たり前のように歯科医院に来院されます。

しかしほとんどの方が、「グラついた歯を抜きます」と診断されてしまうのです。
歯科医院で行われる抜歯のうち、約8割が歯周病によるものだというデータもあります。

歯周病は末期になると、決定的な治療法もなければ、もちろん特効薬などはありません。
歯科医師としても、歯周病の初期段階での治療は自信がありますが、末期では進行を遅らせるのが精一杯、というのが本音です。

しかし、早めの来院によって対処できるところもありますので、セルフチェックに該当する箇所が1つでもありましたら歯科医院への来院をお勧めします。