3DS

3DSとは

3DSとは「dental drug delivery system」の略で、抗菌剤を使用することで虫歯や歯周病の原因となる菌を殺菌し、虫歯や歯周病の進行を遅らせるという予防を行う方法です。

3ds

PMTCなどのクリーニングを行っても、歯の表面には目では見えない菌がたくさんいるため、取り切ることはできません。

そこで、ひとりひとりの歯にあった『トレー(ドラッグリテイナー)』と呼ばれるマウスピースを使用し、歯の表面から細菌を大幅に減少させることが可能な方法です。
歯の表面に一定時間・一定濃度の消毒薬を有効に作用させるために、その中に専用の消毒薬を流し込んで上下の歯に装着するというものです。

3DSは、虫歯の予防に高い効果が期待でき、歯周病予防にも役立つと言われています。また、結果的に口臭予防にも高い効果が期待できます。
歯周病が進行すると、歯周病菌をはじめとした歯周ポケット内の細菌は、血管の中に入り込み、全身に回って悪さをすることがわかってきています。
例えば、動脈硬化を促進させたり、非アルコール性脂肪肝のリスク因子になるなどの症状が報告されています。

 

3DSの効果とは

歯科医院で1度治療をして、その後ご家庭で1日5分間ずつ約1週間の処置をすると、その後は普段通りの歯磨きだけで約半年間はミュ-タンス菌や歯周病菌などの菌が歯の表面に付着するのを防ぐことができると言われています。